児童手当の支給誤りについて

更新日:2024年02月13日

多気町では、児童手当法に基づき、児童手当の認定・支給事務を行っております。

当町におきまして、令和6年2月9日(金曜日)、児童手当支給対象者の口座へ児童手当を二重に振込んでしまう事故が発生いたしました。

関係者の皆さまには、多大なご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。今後、このことがないよう、再発防止を徹底してまいります。

1 事故の概要

児童手当の令和6年2月支給分(令和5年10月分から令和6年1月分の4か月分)について、当町から指定金融機関へ支給対象者の振込データを2回送信してしまい、二重支給となった。

二重に受給した方からの連絡を受けて事故が発覚した。二重支給の内容は以下の通り。

児童手当:対象者 795人、誤支給額:60,430,000円

うち、792人、60,170,000円は、入金の取消し手続きが完了しています。(令和6年2月13日(火曜日)13時時点)

2 発生日時

令和6年2月9日(金曜日)

3 事故の経緯

・令和6年2月2日(金曜日)

10月から1月までの4か月分の手当の支給対象者を担当課(こども課)のシステムから抽出し、振込データを作成し、会計課へ提出した。

・令和6年2月5日(月曜日)

会計課より指定金融機関へ振込データを送信する際、誤って同じデータを2回送信した。

・令和6年2月9日(金曜日)※児童手当支給日

対象者の指定口座へ入金した。

受給した方から児童手当が二重に入金されている旨の連絡を受け、事故が発覚した。

4 原因発生

会計課のパソコン端末から、振込データをオンラインにて提出する際、1回目の送信が正しく行われているかどうか確認できなかったため、2回目の送信を行ってしまった。

5 事故発生後の対応・再発防止について

誤ってお支払いした方の口座に対しては、二重に振込んだ金額の入金取消しの手続きをいたしました。

なお、2月13日(火曜日)13時時点で、既に金額を引き出された方が3名で、合計260,000円になります。当町では、これら対象者の方へ連絡を取り、事情説明と必要な返還のお願いを進めております。

今回の支給対象者の方へは、改めて、お詫びの文書をお送りするとともに、今後、振込データの手順を含めて点検し、データ提出を複数の職員で確認するなど、適正な事務手続きを周知徹底し、再発防止に努めてまいります。

児童手当とは

この記事に関するお問い合わせ先

こども課 こども未来係

電話: 0598-38-1154 ファックス: 0598-38-1140

お問い合わせフォーム


会計課

電話: 0598-38-1119 ファックス: 0598-38-1140

お問い合わせフォーム