令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金について

更新日:2021年12月18日

概要

令和3年11月19日に閣議決定された「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」において、0歳から高校3年生までの児童を養育する子育て世帯に対し、令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金を支給します。

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金は、18歳以下の児童一人につき10万円相当の給付を行うこととされています。当初、12月20日に5万円(先行支給分)の支給を予定しておりましたが、多気町ではより速やかに給付事業を実施するために、現金一括で10万円の支給を実施します

対象について

◇対象児童◇

平成15年4月2日から令和4年3月31日までに生まれた児童

・令和3年9月分の児童手当の対象となっている児童

・平成15年4月2日から平成18年4月1日の間に生まれた児童(高校生)

・令和3年10月1日以降令和4年3月31日までに生まれた児童(新生児)

 

◇支給対象者◇

・多気町より令和3年9月分の児童手当の支給を受ける方(特例給付を除く)

・令和3年9月30日時点で高校生相当の児童を養育する方(所得制限あり)

・公務員で所属庁より令和3年9月分の児童手当の支給を受ける方(特例給付を除く)

・令和3年10月1日から令和4年3月31日までに出生の児童を養育する方(所得制限あり)

 

※保護者のうち、生計を維持する程度の高い人(児童手当受給者もしくはそれに準ずる対象者)に支給します。

※児童が婚姻している場合、または、主たる生計維持者の所得が児童手当支給対象となる金額を上回る場合は支給の対象外となります。

※特例給付とは、児童手当受給者の所得が所得制限限度以上の場合に支給される手当です。(児童の年齢等に関わらず、児童1人あたり5,000円)

※DV被害によりお子さんとともに避難されている方で、令和3年9月分の児童手当の支給を配偶者(DV加害者)が受けている場合は臨時特別給付金の支給を受けることができる場合がありますのでご相談ください。

※特例給付と所得制限については、添付の「令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金 注意事項」をご覧ください。

 

申請について

◇申請不要の方◇

(1)多気町にて令和3年9月分の児童手当の支給を受ける方

(2)高校生相当の児童と児童手当対象児童の兄弟を養育する方 

(3)令和3年11月30日までに出生した新生児を養育する方

上記に該当するご家庭には、令和3年12月8日付で通知を発送いたしましたが、支給額および振り込み日の変更に伴い、令和3年12月16日付で再度通知を発送しております。

※受給を辞退する場合や児童手当受け取り口座の変更・解約をされた場合は、下記より様式を取得し、令和3年12月20日(月曜日)午後5時までに多気町役場 健康福祉課へご提出ください。

 

 

◇申請が必要な方◇

(4)高校生相当の児童のみを養育する方

(5)公務員で児童手当の支給を受ける方

(6)令和3年12月1日から令和4年3月31日までに出生した新生児を養育する方

 

申請受付開始時期は12月下旬を予定しており、申請が必要と思われるご家庭には準備が整い次第、案内通知を発送いたします。

※12月1日以降に出生した児童の分は、出生届手続き時に合わせてご案内します。

支給について

◇支給額◇

対象児童1人につき100,000円(現金一括)

 

◇支給先・支給時期◇

・上記(1)(2)(3)に該当する方は、原則として、令和3年9月分の児童手当の支給先口座(児童手当10月8日支給)に振込みます。対象の方には12月24日(金曜日)から順次支給を開始します。

・上記(4)(5)(6)に該当する方は、申請受付後、随時申請書に記載された口座に振込みます。

 

振込の個別通知は行いませんので、通帳記帳にて入金をご確認ください。

 

その他

・DV被害によりお子さんとともに避難されている方等に子育て世帯への臨時特別給付金を支給する場合、他方の配偶者等は支給を受けられません。

 

・子育て世帯への臨時特別給付金の支給を受けた後に支給対象者の要件に該当しないことが判明した場合や、偽りその他不正の手段により子育て世帯への臨時特別給付金の支給を受けた場合は、支給した子育て世帯への臨時特別給付金の返還を求めます。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課 子育て人権係

電話: 0598-38-1114 ファックス: 0598-38-1140

お問い合わせフォーム

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか