ページの先頭です

多気を『歩く・観る』

[2017年4月3日]

ID:783

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

多気町を『歩く・観る』

丹生地区

丹生大師

丹生山神宮寺山門

丹生大師として親しまれるこのお寺は、正式には「女人高野丹生山神宮寺成就院」と言い、
宝亀五年(774年)弘法大師様の師匠である勤操大徳が開山され、その後時を経て、弘仁四年(813年)弘法大師様が伊勢神宮御参拝の途中、この地を訪れた際に来山され、御自分の師の開創された寺である事を知られると、

「我は高野の聖地に、真言密教の根本道場を創立する誓願を建てているが、まずこの地に諸堂を建立し、庶民の苦悩を救わん」と言われ、弘仁六年(815年)に至って七堂伽藍を建立完備されたとされています。

(不動堂・鐘楼堂・閣魔堂・地蔵堂・観音堂・薬師堂・大師堂)。

 高野山が女人禁制だったのに対し、女性も参詣ができたので「女人高野」とも呼ばれています。

 古くから「丹生水銀」 の産出地として富裕であったこの地は、中世に入ると一段と隆昌し、近世には「丹生の在家一千軒計り有りて民屋富みたる景気なり(勢陽雑記)」とある程になりました。また、寺も江戸時代中期頃には現在の寺観が整いました。

 大師堂の御本尊である「弘法大師像」は御大師様四十二歳の自画像で、寺院内の池に御姿が写され、「衆生の厄除と未来結縁」のために御大師様自らが刻まれて安置されたものです。二度の兵火にも無事免れ、今日なお霊験あらたかに御鎮座されています。

 

(丹生大師で阿字観体験)

(祈願の杉にお願いごとを・・)

丹生神社
丹生大師に隣接する丹生神社は古くから雨乞い祈願の社として信仰されてきました。延喜式神名帳に記される由緒ある神社で、椰子の木を御神木としています。

丹生都姫神社
敷地内には丹生都姫神社も鎮座されています
丹生都姫神社は、この地が古代より、丹砂の産地であったことと深い繋がりがあります。
さらに丹生都姫は天照大御神の妹神という説?もあるようです。
※諸説あります。

弘法大師と丹生都比売の対面石
弘法大師は今から1200年ほど前にこの地を訪れたとされています。弘法大師が丹生神社の鳥居をくぐったその時、目の前に丹生都比売は現れ、神宮寺へと案内したとされています。
弘法大師はこの時に神宮寺が弘法大師の師匠である勤操大徳の建立であることを知り、今のように御堂を整備され、池にお姿を映され、自作尊像を造り、お祀りされたということです。
またこの時、弘法大師は静かな修行道場を探して各地を巡礼されており、そのことを知っていた丹生都比売は弘法大師に、高野山こそ修行の地にふさわしいとお示しになられ、事実、高野山の麓のかつらぎ町には丹生都比売神社があり、当時から高野山一帯は丹生都比売をはじめ、神々が宿る場所(天野)と言われていたそうです。
弘法大師と出逢い、そして高野山に導いた丹生都比売。
出逢ったとされる場所には弘法大師の杖の痕跡が対面石に刻まれています。

(丹生大師山門下にあるハート石)
是非探してみてください!

(弁天堂)
丹生大師境内内に弁天堂があります。ご存知のとおり七福神のひとりで紅一点の女神です。
福徳や芸能の神様とされておりますが、この弁天様に因んだ恋愛成就の話が多くあります。

(弁天堂のハート石 これらハート石を携帯の待ち受けにすると素敵な出逢いがあるかも・・?!)

丹生山神宮寺の入口の池
弁天堂はこの池のほとりにあります。
この池は弘法大師が自らの姿を映すためにつくられたと言われています。
池には蓮の花があり、夏には池一面の花が咲き誇ります。
さらに池にはたくさんの鯉が泳いでおり、手を叩くと鯉が集まってきます。
池にご自身の姿を写すことで自らを見つめなおし、自らの力(手を叩いて)で、鯉(恋)を呼び込んでみてください!

立梅用水

 

およそ200年前の江戸時代に作られた立梅用水(別ウインドウで開く)(別ウインドウで開く)が、用水路としては全国で初めて、国の登録記念物(遺跡関係)に登録されることになりました。

立梅用水は、文政6年(1823)に完成した農業用水路で櫛田川から取水し、28キロ余を自然勾配によって通水しています。
完成以来、改修を重ねながらも旧来の用水路のルートがよく維持されているほか、岩盤を刳りぬいたトンネルや切通しもいくつか残っており、江戸時代の用水路築造技術を知る上で、重要な資料となっています。
また、大正年間には、電力会社が農閑期に用水を使って水力発電を行うようになりました。
現在でも、この仕組みは維持されており、近代における電力開発の歴史を今に伝えています。
発電以外にも、生活用水、防災用水と、現代に至るまで用水の多面的な利用がなされており、生活に密着した用水路、そして文化財として、町内はもとより町外の方々からも親しまれています。

(西村彦左衛門銅像)

(立梅用水創設者 西村彦左衛門の功績を讃えた公園と隣接する彦左衛門の生家)

(生家内部)

(立梅用水沿いは遊歩道として整備されており、毎年6月には沿道に植えられたあじさいが見事に咲き誇り、農山村を美しく彩ります)

(6月にはボート下りや田んぼの綱引きが人気のあじさいまつりが開催され、大勢の人で賑わいます)

他にも見どころがいっぱい!

(水銀鉱跡)

(立梅用水とメダカ池)

(本楽寺快楽園からみる美しい庭園の景色)

(和歌山別街道沿いのまち並み)

(丹生灯篭 毎月20日夜 特に4月20日と9月20日は盛大です)

神坂地区

(佛土山普賢寺)

(国指定重要文化財 普賢菩薩坐像)

(普賢寺から眺める神坂の家並みと紀州路へと続く山々)

佛土山恵日院普賢寺はかつて、天台宗摩尼山金剛座寺の塔中のひとつであったと伝えられています。

本尊の普賢菩薩坐像は大正5年、国宝に指定され、戦後文化財保護法の制定により国の重要文化財に指定されました。

彫が深くかつ太い三道や堂々とした胸、いかった肩、ひきしまった胴部など量感あふれるお姿です。

これらの特徴は京都の教王護国寺(東寺)の梵天像に似ており、作者は同じ弟子筋にあたる渡来人ではないかと推測されています。

胸部の条帛などから大変古式であると言われており、衣文などは平安初期の特色を備えています。

・拝観ご希望の方は事前にご連絡ください  電話 0598-37-2888

長谷地区

(車田御田植え祭)

(車田収穫祭)

(近長谷寺)

(近長谷寺の木造十一面観音立像:奈良の長谷寺・鎌倉の長谷寺とともに「日本三観音」のひとつとして広く知られ、全国に200カ寺以上あるといわれる大和長谷型観音に属するものの中でも右手に錫杖を添える姿は日本唯一だそう)
・開館 毎月18日・日曜祝日 10時から午後3時 
・拝観料 200円

熊野古道 最初の峠「女鬼峠」

(県指定天然記念物 栃ヶ池湿地植物群落)

語り部(観光ボランティアガイド)

 

多気町は私たち観光ボランティアガイドがご案内します!

(コースやお時間等はご相談させていただきます)

お申込みは以下の申込用紙をダウンロードしていただき、

 多気町役場 農林商工課 FAX(0598-38-1140)までお申込みください。

多気町観光ボランティアガイド依頼申込書

多気町ウォーキングマップ

丹生大師の里

立梅用水

立梅用水沿いウォーキングマップ(全体)

立梅用水沿いウォーキングマップ(ゆとりの丘周遊コース)

立梅用水沿いウォーキングマップ(元丈の里周遊コース)

立梅用水沿いウォーキング(大師の里周遊コース)

伊勢本街道

伊勢本街道と伊勢いもの里を巡るコース

伊勢本街道と桜づつみ公園を巡るコース

和歌山別街道

和歌山別街道と丹生大師の里を巡るコース

和歌山別街道と前川次郎柿の里を巡るコース

熊野街道

熊野街道(女鬼峠)と酒蔵を巡るコース

女鬼峠

近畿自然歩道

近畿自然歩道(相可から長谷)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

多気町役場本庁農林商工課商工観光係

電話: 0598-38-1117

ファックス: 0598-38-1140

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


多気を『歩く・観る』への別ルート