ページの先頭です

多気郷土資料館企画展のお知らせ

[2019年1月25日]

ID:1317

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

多気町多気郷土資料館

当郷土資料館では、年間4回、企画展を開催しています。

ぜひ、お越しください。

休館日 月曜日・祝日

開館時間 午前9時から午後4時まで

 

                

昔の農具と米作り2

 この展示は平成23年に開催した「昔の農具と米作り」のパート2で、昔の暮らしについて学ぶ小学校3年生の授業に合わせて行うものです。
 日本で米作りが始まったのは今から3000年くらい前ともいわれています。昔の日本では、お金の代わりに米が年貢として納められたり、武士の給料として支払われたりするなど、社会において重要な役割を果たしていました。江戸時代までの日本は米中心の社会であったのです。
 明治以降も米は生活に欠かせない大切な食料として、より良い米をより多く育てるための方法や道具などが考えられてきました。
 農作業の機械化がされる前、50年から60年くらい前まで使われていた農具を米作りの順序をたどりながらご紹介します。
 この展示が、米作りにかかった手間や苦労、昔の人のさまざまな知恵や工夫を知る機会となるよう願っています。

千歯こきなどの脱穀用具

脱穀に用いた農具

唐箕などの選別用具

選別に用いた農具

企画展のポスター

企画展ポスター

期間

平成31年1月10日(木曜日)から平成31年3月17日(日曜日)まで

場所

多気町多気郷土資料館(多気郡教育会館1階)≪地図(別ウインドウで開く)
(月曜、祝日は休館)午前9時から午後4時まで

入館料

無料

問い合わせ先

多気町郷土資料館TEL0598-38-1132または教育委員会TEL0598-38-1122

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。

お問い合わせ

多気町役場教育委員会教育課郷土資料館

電話: 0598-38-1132(多気)/0598-49-4500(勢和)

電話番号のかけ間違いにご注意ください!