ページの先頭です

避難所における新型コロナウイルス感染症対策

[2020年9月1日]

ID:1623

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

避難所での新型コロナウイルス感染症対策について

大雨や台風、地震など発生した場合、命を守る行動が最優先であり、新型コロナウイルス感染症が収束していない状況でもためらうことなく避難する必要があります。

一方、災害発生時に開設される避難所では、密閉・密集した環境になりやすく、感染症拡大リスクが高まる恐れがあります。

このような環境を少しでも避けるため、多気町では換気や消毒の実施などできる限りの対策を講じることとしています。

みなさまも、避難所が開設されるようなときにどうすればよいのか「新型コロナウイルスへの感染リスク」を踏まえたうえで、日ごろの備えと災害時の避難行動を改めて確認しましょう。


多気町では、新型コロナウイルスに感染している疑いのある人は、町民文化会館(楽屋区域)へ避難していただくこととしています。
なお、避難した避難所での問診において「感染の疑いがある」と判断した場合は、町民文化会館へ移動をお願いすることがあります。あらかじめご了承ください。

避難所へ行くことだけが「避難」ではありません

「避難」とは、「難」を「避」けることであり、自宅や親戚・知人宅など避難所以外の場所で安全が確保できる方は、必ずしも避難所へ行く必要はありません。

災害の発生が予想される前に、自分の住んでいる場所が危険かどうか、次のフローチャートなどを使用して確認しておきましょう。


確認した結果、自宅での避難が可能な場合、まずは在宅避難(ご自宅に留まる避難)をご検討ください。

在宅による避難が難しい場合、親戚や知人宅など避難所以外の避難先もあらかじめ検討してみてください。

また、台風の接近など災害の発生が予想され、ご自身・ご家族の体調がすぐれない(発熱や咳症状など)場合は、事前にかかりつけ医に相談し主治医の指示に従うようにしてください。


避難所へ避難する際のお願い

避難所における感染拡大を防止するため、避難所に避難する場合は、次の点にご理解をお願いします。

  1. 避難所へ行く前に、検温等ご自身・ご家族の体調を確認してください。
  2. 避難の際や避難所内ではマスクの着用や手洗いなど基本的な感染予防対策をしましょう。
  3. 避難所では、係員の聞き取り等にご協力ください。
  4. 家族以外の避難者との距離をできる限り確保しましょう。
  5. 避難所では、定期的に換気や消毒を実施します。
  6. 定期的に体温を測定するなどして、体調の変化を感じた場合は、速やかに避難所スタッフに申し出てください。(非常持ち出し品に体温計を加えておきましょう。)
  7. 避難者の体調や避難所の収容状況などによっては、避難施設の移動をお願いすることがあります。
  8. 各自、ゴミはお持ち帰りください。
  9. 避難所内での感染を防ぐため、発熱等の症状がある方は、町民文化会館へ避難してください。


避難所には、マスクや手指消毒用アルコールなどを事前に準備していますが、備蓄品にも限りがあります。

避難に必要なものは、できる限りご持参いただきますようお願いします。

ご持参いただきたい物の例)飲料水、食料、常備薬、マスク、アルコール消毒液(除菌シート)、体温計、寝具(毛布)、着替え、携帯電話、携帯ラジオなど

コロナ禍における避難について

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

多気町役場本庁総務課防災係

電話: 0598-38-1111

ファックス: 0598-38-1140

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


避難所における新型コロナウイルス感染症対策への別ルート